気を付けるための看板

お店の顔としての看板

看板はお店を一番最初に見た時のイメージを左右するものです。そのため心に残りやすい魅力的なものにしておく必要があります。もちろん、目立つようにしておくことがベストです。どのようなお店であっても、看板が魅力的でなければお客さんも入りにくくなります。看板が作りは専門の会社に依頼することが可能です。デザインなども相談することができますし、大きさや字体などさまざまな点を考慮することでら適した看板を作ることができます。
お店の雰囲気に合わせることが大事です。可愛らしい商品や食べ物を扱っているなら、そのようなそうに訴えかけるデザインの方が合っています。サラリーマンや男性に向けてアピールするなら、色合いなどをシックにまとめたり、強いイメージを持てるデザインが良いでしょう。看板のデザインでお店の第一印象は大きく変化します。
できるだけ魅力的なものにするためにも、デザイナーなどの力を借りることも考えていきましょう。個人的な好みもありますが、やはりお客さんにアピールできるものが第一条件になるからです。看板はデザインだけでなくサイズなども自由に選択することができるので、予算や好みに合わせたものを作ることは難しくないでしょう。

注意を促す看板

看板はお店を宣伝するだけのものではありません。多種多様で使われ方もさまざまです。田舎の方に行くと「動物注意」や「飛び込み危険」などの注意を促す看板を見かけます。気持ちを込めて、手書きで書かれているものもあります。中には注意促す看板のはずなのに、思わず笑ってしまうようなものがあります。交通事故防止の看板に「飛び出すぞ」といったようなものを見たことがあります。
本来は子どもに「飛び出すな」と注意促すのが一般的ですが、「子どもが飛び出すから運転に気をつけろ」という意味の込められた看板です。まるで動物注意の看板のようで、シュールだなと思いました。また、「川で泳ぐことを禁ずる」系の看板に、カッパが子どもを連れ去るイラストが書かれたものを見たことがあります。
古典的かつ独特で、好奇心旺盛な子どもに注意を促すにはもってこいだと思いました。注意を促す系の看板は笑いどころが多いですが、ほんとに危険だからこういった表現になるのではないかと思います。笑ってしまうような看板を見たということは、気をつけなければならないというサインだと思います。危険を促す看板を作るのにウケを狙うことはないので、「ほんとに注意が必要なんだな」と察しましょう。

new article

看板の存在意義について

看板はセンスで決まると思う 看板は今の世の中どこにでもあって目にするものです。ふと見上げると自然と看板を見ていたなんてこともよくあります。シンプルな看板からカラフルで派手な看板まで様々な看板が存在しています…

view

看板のアイデア一は発勝負!

色合いから見る看板 看板はそのお店のシンボルとなり、宣伝となるとても重要な存在です。その看板には色彩が重要になってくると思います。合う色とそうでない色があります。かっこよく見せたいのであれば、グレーとピンク…

view

気を付けるための看板

お店の顔としての看板 看板はお店を一番最初に見た時のイメージを左右するものです。そのため心に残りやすい魅力的なものにしておく必要があります。もちろん、目立つようにしておくことがベストです。どのようなお店であ…

view

お客のアタマにいかに食い込むか

インパクトを与える看板 看板は、そのお店の象徴となる重要なものです。自分の記憶に鮮明に残っている看板があるでしょう。例えば「子どもの頃トラウマになった」「近所にでかでかと飾っていて頭から離れない」など。これ…

view