看板の存在意義について

看板はセンスで決まると思う

看板は今の世の中どこにでもあって目にするものです。ふと見上げると自然と看板を見ていたなんてこともよくあります。シンプルな看板からカラフルで派手な看板まで様々な看板が存在しています。私は看板はセンスで決まると思っています。たくさんある看板の中でセンスが良い看板が一組の目にとまると思います。カラフルで派手なものが目にとまるとは限りません。例えば、シンプルでも一行だけ書いてある看板でもセンスがあれば目にとまるのです。
私が最近目にとまった看板を紹介します。駅にあった看板で、背景が真っ白の中に子役から活躍してきた女優さんが真顔で写っておりその横に一言言葉が添えられているだけという看板でした。それは塾の看板だったのですが、私は塾に通いたいわけでもその女優さんが特別好きだというわけでもありませんでした。
ただなぜかその看板に惹かれて見ていたのです。看板というものは見たくて見ているものではあまりないように感じます。ただ目に入ったとか惹かれてしまったなどの理由で見てしまうものだと思います。たくさんある看板の中で目にとまるというのは人それぞれの視点や捉え方だとは思いますが、私はセンスがある看板は誰の目にもとまるものではないのかなと考えています。

看板の由来について

私たちが普段何気なく見ている「看板」は何時の時代から誰が最初に作ったのかその詳細を知る人はごく少数だと思います。この記事ではそんな謎に包まれている看板の由来についていくつかまとめてみました。・「看板」の由来について・看板とは「みるいた(看る板)」という言葉が元になっているといわれており、室町幕府から戦国時代にかけての期間に、板に文字を書くことが一般的となりました。
看板言葉は人の目を引くための言葉としても利用され、看板俳優や看板女優といった言葉も人の目を引く代表的な俳優や女優に向けて送られる言葉となっています。・看板の種類について・看板の素材には木やプラスチックといったものが多く使われており、目立たせたい物の「看板」として皆の目を引いています。
自動車自体が看板になっている「看板カー」やヘリコプターに宣伝文句が書かれている「看板ヘリ」など宣伝を行う物には大抵看板の名がついています。看板が多きければ大きいほどサイズの調整が容易なプラスチックが使用され、街中などにでかでかとその存在感を放っています。このように「看板」は私たちの生活に暑れている存在で、私達には関係がないといっても看板に惹かれたり利用しているのも事実です。室町時代から現代にかけて長い期間利用されているのも看板の重要性が薄れていない証拠なのです。

new article

看板の存在意義について

看板はセンスで決まると思う 看板は今の世の中どこにでもあって目にするものです。ふと見上げると自然と看板を見ていたなんてこともよくあります。シンプルな看板からカラフルで派手な看板まで様々な看板が存在しています…

view

看板のアイデア一は発勝負!

色合いから見る看板 看板はそのお店のシンボルとなり、宣伝となるとても重要な存在です。その看板には色彩が重要になってくると思います。合う色とそうでない色があります。かっこよく見せたいのであれば、グレーとピンク…

view

気を付けるための看板

お店の顔としての看板 看板はお店を一番最初に見た時のイメージを左右するものです。そのため心に残りやすい魅力的なものにしておく必要があります。もちろん、目立つようにしておくことがベストです。どのようなお店であ…

view

お客のアタマにいかに食い込むか

インパクトを与える看板 看板は、そのお店の象徴となる重要なものです。自分の記憶に鮮明に残っている看板があるでしょう。例えば「子どもの頃トラウマになった」「近所にでかでかと飾っていて頭から離れない」など。これ…

view