看板のアイデア一は発勝負!

色合いから見る看板

看板はそのお店のシンボルとなり、宣伝となるとても重要な存在です。その看板には色彩が重要になってくると思います。合う色とそうでない色があります。かっこよく見せたいのであれば、グレーとピンクといった、暗めで渋い色と、明るく可愛らしい色の組み合わせが良いと思います。渋いと渋いを組み合わせるのではなく、渋いと可愛いいを組み合わせることによって、ギャップも出てくるし、独特のかっこ良さが生まれると思います。
オシャレな感じを出したいのであれば、ミント、またはエメラルド色に白の組み合わせが良いと思います。黄緑ではなく、薄緑であることがポイントです。それに無味無臭の白を加えることによって、オシャレで爽やかな感じが生まれるかと思います。また、色合いはデザインの良さだけでなく、見えやすさにも関わってきます。
看板は宣伝するためのものであるので、はっきりと見えていないといけません。似たような色の組み合わせだと、どうしても見ずらくなってしまいます。似た色を組み合わせる場合は、白でアウトラインをつけるなどの工夫をすべきだと思います。看板は、手がけた人が自画自賛するのではなく、見た人が「良い」と思えるかが重要なのだと思います。

意表を突いた看板

看板はそのお店のシンボルとなる非常に大切なものです。その看板には宣伝効果も含まれており、お店にとって欠かせないものとなります。その中には、独特のデザインや工夫が施されているものもあります。こりにこったデザインの看板もよく見かけます。しかし、複雑すぎるのも逆に印象が薄れてしまう場合があります。例え、シンプルでもインパクトのある看板は存在します。
ひらがな3文字で「たばこ」と書いてある看板は誰もが知っているでしょう。不思議なことに工夫も何もないデザインでも、人の記憶に鮮明に残ることがあるのです。これは「え?それだけ?」という、あまりにもシンプルすぎる見た目が逆にインパクトを与えているのです。故意で狙ってそうしたのかどうかはわかりませんが、人に印象を与えたという時点でお店側の勝ちとなります。
例え、一生懸命上手な絵を描いていたとしても、ありきたりなものではインパクトを与えることはできません。意表を突くことにより、人に大きなインパクトを植え付けるのであります。今までになかったようなもの、マニュアル通りでないものが、看板として相応しいのではないかと思います。デザインを手がける、その前の段階の思いつきが重要なのだと思います。

new article

看板の存在意義について

看板はセンスで決まると思う 看板は今の世の中どこにでもあって目にするものです。ふと見上げると自然と看板を見ていたなんてこともよくあります。シンプルな看板からカラフルで派手な看板まで様々な看板が存在しています…

view

看板のアイデア一は発勝負!

色合いから見る看板 看板はそのお店のシンボルとなり、宣伝となるとても重要な存在です。その看板には色彩が重要になってくると思います。合う色とそうでない色があります。かっこよく見せたいのであれば、グレーとピンク…

view

気を付けるための看板

お店の顔としての看板 看板はお店を一番最初に見た時のイメージを左右するものです。そのため心に残りやすい魅力的なものにしておく必要があります。もちろん、目立つようにしておくことがベストです。どのようなお店であ…

view

お客のアタマにいかに食い込むか

インパクトを与える看板 看板は、そのお店の象徴となる重要なものです。自分の記憶に鮮明に残っている看板があるでしょう。例えば「子どもの頃トラウマになった」「近所にでかでかと飾っていて頭から離れない」など。これ…

view